SSC脱毛って本当に痛くないの?

SSC脱毛は光とジェルを使用する脱毛方法で、肌にもやさしいのが大きな特徴です。

 

脱毛サロンで用いられる光脱毛の中で「最も肌にやさしく美肌効果もある」のがウリ

 

元々は痛みを感じにくいSSC脱毛ですが、全ての人が無痛と感じる訳でもなくケースバイケースというのが現実です。

 

ただ、極端な敏感肌や重度の日焼けをしている場合には、さすがのSSC脱毛でも肌への刺激を感じる場合もありますが、一般的に「痛い!」と感じるほどではありません。

 

ノーマル肌であれば大丈夫ですが、人によって肌タイプも違います。

 

どのようなタイプであれば問題がなくて、逆にどの肌タイプで問題が出やすいのかも理解しておきましょう。

 

痛みが出ない肌タイプ

ノーマル肌は全く問題ありません。
肌に適度な潤いがあってキメが乱れていないこと、日焼けをしていないことなどが、この肌タイプの特徴です。

 

刺激を感じる可能性のある肌タイプ

超敏感肌や乾燥肌の人、日焼けで真っ黒という場合には、SSC脱毛でも痛みが出ることも考えられます。

 

ただ、乾燥肌の場合には保湿をしながら脱毛をしますので対処が可能です。また敏感肌でもジェルやアイシングをすることによって痛みの緩和が可能です。

 

ただし、日焼けに関してはどうしようもなく、場合によっては施術を断られてしまうサロンもあるほどです。夏場に脱毛をしたいとか脱毛中だという場合には、極力日焼けをしないようにUV対策をしっかりしておきましょう。

 

痛くても感じないタイプ

イレギュラーですが、肌状態が悪くて痛みがあるにも関わらず、電気針や医療レーザーを経験済みのタイプ。
過去の脱毛時の痛みと比較するとSSC脱毛では全く何も感じないという人もいます。

 

痛みは数値化できないので、個人差がありますが、肌コンディションが特別悪くなければ特に痛みを感じることもないと思って良いでしょう。

痛みが少ないから脇とVIO脱毛に最適

脱毛で痛みを感じやすい部位

・VIOのデリケートゾーン
・脇

 

どちらも人間の急所であり、痛みを感じる神経(痛覚)が集中している場所です。

 

私も含め、脱毛経験者のほとんどが痛みを感じる場所が上記の2ヶ所です。

 

IラインOラインまで脱毛するかは意見が分かれますが、Vライン脱毛は既に一般的になっていますよね。

 

ミュゼであれば回数無制限で処理してくれるので、人気メニューになっています。

 

痛みはストレスにもなるので、最も痛みを感じにくいSSC脱毛で痛みを感じやすいデリケートゾーンを処理するのが精神衛生上テッパンです。

 

元脱毛スタッフが実際に脱毛した結果…選んで安心。優良SSC脱毛サロンはココだけ?→