SSC脱毛って痛いの?

SSC脱毛は光とジェルを使用する脱毛方法で、肌にもやさしいと言われています。
でも…光が当たると何か刺激がありそうですよね。

 

元々は痛みを感じにくいSSC脱毛ですが、全ての人が無痛と感じる訳でもなくケースバイケースというのが現実です。

 

ただ、極端な敏感肌や重度の日焼けをしている場合には、さすがのSSC脱毛でも肌への刺激を感じる場合もありますが、一般的に「痛い!」と感じるほどではありません。

 

ノーマル肌であれば大丈夫ですが、人によって肌タイプも違います。どのようなタイプであれば問題がなくて、逆にどの肌タイプで問題がですのかを言うことも理解しておきましょう。

 

痛みが出ない肌タイプ

痛くないと感じる肌タイプとしては、簡単に言うとノーマル肌です。
肌に適度な潤いがあってキメが乱れていないこと、日焼けをしていないことなどがありますね。
また、電気針や医療レーザーを経験していて、その痛みの強さと比較するとSSC脱毛では全く何も感じないという人もいます。

 

刺激を感じる可能性のある肌タイプ

超敏感肌や乾燥肌の人、そして日焼けで真っ黒という場合には、SSC脱毛でも痛みが出ることも考えられます。

 

ただ、乾燥肌の場合には保湿をしながら脱毛をしますので対処が可能です。また敏感肌でもジェルやアイシングをすることによって痛みの緩和が可能です。

 

ただし、日焼けに関してはどうしようもなく、場合によっては施術を断られてしまうサロンもあるほどです。夏場に脱毛をしたいとか脱毛中だという場合には、極力日焼けをしないようにUV対策をしっかりしておきましょう。

 

肌コンディションが特別悪くなければ、特に痛みを感じることもないと思って良いでしょう。

SSC脱毛は肌にやさしいって本当?

SSC脱毛は痛みもほとんどなく、肌に優しいというのは、ほとんどの方がご存じかも知れません。

 

しかし、イメージ的にそう思っているだけで、なぜなのかきちんとした理由を知らないのではありませんか?安心してSSC脱毛を利用するためにも仕組みや効果を確認しておくことは大切です。ょう。

 

肌に優しいその訳は?

SSC脱毛では光の刺激でジェルの抑毛成分カプセルを壊しながら施術をして行きます。比較的、肌へと言うよりもムダ毛に対しての効果が強い傾向にあります。

 

直接ムダ毛にダメージを与えるというより、ジェルの成分を効率的にするために光を照射するというイメージなので、肌を傷め難いと言えます。

 

また、照射面積の広さも重要なポイントです。

 

医療レーザー脱毛では、光を当てる照射範囲が狭いことから光が1点に集中してヤケドもしやすく痛みが強くなります。

 

しかし、SSCを初めとするフラッシュ脱毛ではジェルの上から光を当てて、広い照射範囲に万遍なくアプローチして行きますので、パワーが1点に集中し難いという特徴があるので、ヤケドもしにくく肌に優しいんですね。

 

照射面積が広いので、ラージパーツ(背中などの広い部位)でも短時間で施術が出来るメリットもあります。

 

元脱毛スタッフが実際に脱毛した結果…選んで安心。優良SSC脱毛サロンはココだけ?→