勘違いしている人が多い永久脱毛について

SSC脱毛は永久脱毛とは異なっているものだと考えて下さい。

 

そもそも多くの人が永久脱毛だと思っているレーザー脱毛も、実は永久脱毛ではありません。
今の脱毛業界で永久と認められているのは、「ニードル(電気針)脱毛」という針を使った方法だけです。この方法は、毛穴の1つ1つに細い針を挿入して、そこに電気を流す事で毛を作る組織を直接破壊するものです。

 

痛みは相当なものですが、脱毛効果は最も高いです。そして、手間と時間がかかるので費用も最も高くなります。

 

昔はこのニードル脱毛が主流でしたが、今ではマイナーな手法となりました。その理由は、SSC脱毛などを行っているエステサロンの技術力が上がってきたからです。

 

レーザー脱毛と並ぶ脱毛効果が得られるようになってきたので、レーザーよりも低価格で痛みも少ないSSC脱毛やIPL脱毛などのフラッシュ脱毛が人気となっています。

 

SSC脱毛での効果はどれぐらいなの?

永久脱毛としては認められていませんが、しっかりと毛周期に合わせて施術をすれば、SSC脱毛でも永久脱毛に近い効果は得られます。

 

毛の量や濃さ、部位などの差はありますが、一般的には6〜9回ほどの施術で、自己処理がほとんどいらなくなるレベルにまでムダ毛が無くなる人が多いです。
全く毛が生えてこなくなる!という訳ではありませんが、たまに生えてくる毛は細い産毛のようなものです。

 

目を凝らしてみないと分からないぐらいのものなので、格段に処理は楽になります。

 

将来的には永久脱毛になるかも?

永久脱毛として認められるには、検証するそれなりの年月が必要です。

 

SSCよりも前に登場しているレーザー脱毛ですら、永久脱毛としてまだ認められていないことを考えると納得ですよね。

 

まだSSC脱毛を初めとするフラッシュ脱毛は、登場して10年ほどの比較的新しい脱毛技術です。私たちの孫の世代ぐらいになれば、今よりも技術力も上がって永久脱毛として認知されるようになるかもしれませんね。

唯一の永久脱毛「電気針(ニードル)脱毛」

上記でも触れましたが、現在において永久脱毛として認められているのは「ニードル脱毛」のみです。

 

ムダ毛の元になっている毛根に対して物理的にアタックするので、見る見るうちに脱毛効果が実感できますが、その痛みについては想像を絶するものになります。従って、あまり脱毛の選択肢として候補には挙がらないと思いますが、永久脱毛まめ知識として覚えておいて損はありませんよ。

 

電気針のメリット

なんと言っても永久脱毛が出来ると言うのが最大のメリット。

 

施術後、数日が経過してからではなくその場でムダ毛がなくなっていくのを実感できます。効果の早さと完璧な永久脱毛を求めるのであれば良い方法でしょう。

 

価格としては非常に高額なので、利用する場合には入念な下調べが必要です。カウンセリングでの説明とトライアルを受けられる様であれば、体験してから始めるようにした方が納得して永久脱毛が受けられますよ。

 

電気針のデメリット

デメリットで最も大きなものには痛みが挙げられます。痛みについては個人差も大きいところですが、それにしても痛いです(笑)
いくら細いといっても、毛穴の中に針を入れてマシンから電流を流すのですから、想像するだけでも鳥肌が立つほどですよね。

 

また、脱毛方法の中でも最も高額という点もデメリットです。有資格者が1つ1つの毛穴に針を刺していく手間や時間もかかるので、自然と高額になってしまいます。

 

元脱毛スタッフが実際に脱毛した結果…選んで安心。優良SSC脱毛サロンはココだけ?→