SSC脱毛とIPL脱毛は違うの?

脱毛をするときSSC脱毛やIPL脱毛では、どのように違うのかを知っているとご自分に適しているかが解りますね。

 

いずれも同じく光脱毛やフラッシュ脱毛と呼ばれていますので、区別しにくいかも知れませんが、どちらも脱毛サロンで主流となっている方法です。

 

どちらも、肌トラブルが少なくダメージも出にくい特徴がありますが、共通して過度な日焼けをしている場合には施術ができないこともあるので注意が必要です。

 

SSC脱毛(Smooth Skin Control)

SSC脱毛は、ジェルと相互作用をしながら脱毛をして行きます。ジェルの中にカプセルが入っていて光と反応することによって抑毛効果を発揮する成分が出ます。

 

IPL脱毛(Intense Pulse Light)

SSC脱毛と同様にジェルを使用する場合が多いですが、こちらはジェルの作用というよりも光(インテンスパルスライト)の力によって脱毛効果を得る方法です。光によって毛根のメラニン色素にダメージを与えることで毛が抜け落ちていくというものです。

 

具体的な違い

SSC:ジェルの成分を光によって皮膚の中へ浸透させて脱毛効果を発揮する
IPL:光によって毛根に直接ダメージを与えることで脱毛効果を発揮する

 

どちらも肌に優しく脱毛効果のある方法ですが、どちらかと言えば「SSC脱毛の方がダメージが少ない」と言えます。
従って、Vラインなどのデリケートゾーンの脱毛をする場合には、より痛みが少なく肌への負担が少ないSSC脱毛の方がおススメです。